TOPページ > 参考書籍 > 参考になる書籍

参考になる書籍

色彩心理学に興味をもつ人が、近年多くなってきているそうである。

学校に行くほどではないけれど、ちょっと詳しく勉強してみたい、入門書が欲しいという方もいらっしゃると思う。

そこで、色彩心理学に興味を持つ全ての方に、大山正さんの著書「心理学入門」という一冊をご紹介する。


文書の構成は全部で十四章となっている。

色彩の研究は、ニュートンの実験から始まり、今日の色表示体系にたどりつく流れと、ゲーテの観察から始まって、色の主観的な体験の現象学につながる流れとがあり、そこにニュートンとゲーテの両者に欠けていた色覚の生理学の流れが加わっているそうである。

更に色には、分化や感情と結びつく複雑な側面もあるそうである。

この広い範囲に及んでしまう色彩の様々な問題を、主要な人物が貢献したことを紹介ながら解説している。


この本は一度廃刊されたようだが、復刊している。

近くの本屋においていない場合は、インターネットを利用すると購入しやすいであろう。

フラワーコーディネーターやネイリスト、アロマテラピスト、美容師、住宅・建設業界、などの業界の方が知識を増やせばお客様に喜ばれることは間違いないでしょう。

関連する内容

参考になる書籍

色彩心理学に興味をもつ人が、近年多くなってきているそうである。 学校に行くほどではないけれど、ちょっと詳しく勉強してみた

おすすめの書籍

色彩心理学はだんだん存在を知られるようになってきているが、まだあまり認知されていない学問である。 しかし、色彩心理学に興