TOPページ > 基礎知識 > 色彩心理学の領域

色彩心理学の領域

色彩心理学とは文字通り、色に関系する様々な仕組みを扱う学問のことである。

その領域は幅広く、心理学、物理学、民族学、生理学、美学など、少しでも色に関係していれば、全てを扱う学問と考えても良いと言われている。

特に物理学、心理学、生理学は色とは人間にとって何なのか、それはどのようにして知覚されて、どのように影響するかを探求するために非常に重要な学問なのだそうである。


例えば、生理学や心理学の領域内で説明すると、色を識別する器官である眼球やその他の器官の構造を知る必要がある。

また、入力された情報を判断・整理するのが脳の役目なので、脳の構造の働きも必要となる。

色をどのように名前をつけたかは民族学に関係してくるし、さらに知覚され認知された色彩が人間の心にどのような影響を与えるかというのは、また心理学の領域になるわけである。

こうして色彩学はいろいろな学問に触れる必要が出てくるのである。


現在の色彩心理学で大きな力を注いできた研究は、今まで生物は色をどのように整理して伝達するか、どのような使い方をしたら人間にとって役立つかといったものだそうである。

どうして色が見えるのかという事が、この理論を推進するには非常に重要な項目である。

色覚についての研究も盛んになり、いくつもの仮説が生まれたが、残念ながら未だに完結には至っていない。

色彩心理学は、色についての研究は幅広いさまざまな学問との関わりの中で行われてきたが、現在もまだ終わることはなく、継続して研究されている。

関連する内容

色彩心理学とは

私たちは様々な色に囲まれている。 部屋や会社、自然の中など、生活の中に色は自然に溶け込んでおり、必要不可欠なものだ。 色

色が及ぼす影響

色彩心理学というのは人の心の働き、つまり精神、意識、情動活動や喜怒哀楽などの感情には、皆さんが考えているよりもはるかに複

暖色と寒色

色彩心理学の世界では、色は言葉であると言われ、好きな色や描かれた色などには、その時の心理状態が大きく反映されているそう

日本人が好きな色

では、日本人が好きなインテリアカラーは一体何であろうか。 日本人の約4割が茶色系を好むとされている。 次いで多いのは白の

色彩心理学の領域

色彩心理学とは文字通り、色に関系する様々な仕組みを扱う学問のことである。 その領域は幅広く、心理学、物理学、民族学、生理

色彩心理学研究所

色彩心理学研究所は、歴史的背景を思慮考察し、色彩が光と色であるという視点から検証、研究を行っている学校である。 そして、

色相心理学と子供

色相心理学とは、人間の好きな色、嫌いな色によって人の心理を読み取ることができる学問である。 大人も子供も同じで、色には子

カラーセラピー

カラーセラピーは、色彩心理学の心理的な効果を利用し、自分の心を理解することをサポートするものだそうである。 色彩心理学は

色彩心理学誕生の背景

近年では色彩心理学が服装や部屋のデザインなど、様々なものに使われている。 文明が始まった時から、人間は自分たちの行動に対

気になる色による診断

あなたは今、何色が気になりますか? 色彩心理学を使うと、選択した色によって今の心理状態を判断することができる。 赤 全般

類型論と待性論

パーソナリティの研究は、人間を理解するためにいろいろ行われてきたが、分類方法の代表的なものには待性論と類型論がある。 待

ピンクの特性・効果

女性ならピンクが好きという女性も多いのではないか。 ピンクを見るとはしゃぎたくなるような、ウキウキ・ワクワクしそうな幸せ

居心地の良い部屋作り

色の暖色・寒色を利用して、居心地の良い部屋を作りましょう。 例えば寝室は安眠をもたらし、1日の疲れを癒してくれる色がいい

色彩心理学とインテリア

色彩心理学を使うと、その時の気分で部屋の雰囲気を変えることができる。 色彩心理学を上手に使い、居心地の良い部屋作り・イン

色と長生き

色彩心理学の研究者が「画家は一般の人より長生きをする傾向がある。」と気付いた。 歴史上有名な画家の寿命を見てみても、ミロ

色による診断

近年では、お店や部屋のインテリアに色彩心理学を取り入れたり、食品や商品や料理などに取り入れられることも増えてきている。

色の三属性

色彩心理学を学ぶ前に、配色・色の名前・トーンはもちろん、色の三属性の知識も重要である。 色の三属性とは、彩度・色相・明度

カラーピラミッドテスト

色彩心理学と関わりのあるテストはいろいろある。 その中の1つにカラーピラミッドテストというのがある。 カラーピラミッドテ