TOPページ > 基礎知識 > ピンクの特性・効果

ピンクの特性・効果

女性ならピンクが好きという女性も多いのではないか。

ピンクを見るとはしゃぎたくなるような、ウキウキ・ワクワクしそうな幸せな色というイメージがある。

色彩心理学に基づいて、ピンクにはどのような効果や特性があるのかご紹介する。

どんな色でも、色彩心理学的に良い面と悪い面の影響を与えるものだが、ピンクに関して言えば、マイナスの面が少ないというのが特徴のようである。

例えば赤の場合は、積極的にさせることができるといういい面があるのに対し、攻撃的になってしまうという悪い面がある。

青の場合は、冷静沈着になれるという良い面に対し、無機質で冷やかな感じになってしまうという悪い面もある。

ピンクにはそういう副作用のような効果は少なく、平和主義や幸せを象徴する色とされている。

基本的には、人に幸福感を与えるように作用しているそうである。


それと同時に、ピンクは癒しの色、恋愛の色とされていて、恋人同士には最も適した色と言えるであろう。

恋をすると、ピンクの小物や洋服を身につけたくなるという経験は女性ならあるのではないか。

また、争いごとを回避させてくれる効果もあるようで、目標に向かって勢いがつきすぎて、周囲に対する思いやりが欠けてしまっていると感じた時や、相手に対して攻撃的になってしまっている時にはピンクを取り入れてみるといい。

そうすることで、優しい気持ちで周りを見渡すことができるようになるであろう。


また、ピンクは卵巣ホルモンに働きかけて、ホルモンを分泌させ、脳に刺激を与えるのだそうである。

健忘症などのいわゆるボケ防止にも、脳を刺激するという面では役に立つ。

ピンクに色づけされた食品を見ると口の中が甘く感じたりするのはその効果が表れているからだそうである。

愛情が欲しくなったり、ロマンチックな気分になったりする効果も促す。

ピンクには交感神経を刺激して脳に血液を送るという効果もあるので、疲労の緩和や痛みの軽減、老化予防にも役に立つ。

関連する内容

色彩心理学とは

私たちは様々な色に囲まれている。 部屋や会社、自然の中など、生活の中に色は自然に溶け込んでおり、必要不可欠なものだ。 色

色が及ぼす影響

色彩心理学というのは人の心の働き、つまり精神、意識、情動活動や喜怒哀楽などの感情には、皆さんが考えているよりもはるかに複

暖色と寒色

色彩心理学の世界では、色は言葉であると言われ、好きな色や描かれた色などには、その時の心理状態が大きく反映されているそう

日本人が好きな色

では、日本人が好きなインテリアカラーは一体何であろうか。 日本人の約4割が茶色系を好むとされている。 次いで多いのは白の

色彩心理学の領域

色彩心理学とは文字通り、色に関系する様々な仕組みを扱う学問のことである。 その領域は幅広く、心理学、物理学、民族学、生理

色彩心理学研究所

色彩心理学研究所は、歴史的背景を思慮考察し、色彩が光と色であるという視点から検証、研究を行っている学校である。 そして、

色相心理学と子供

色相心理学とは、人間の好きな色、嫌いな色によって人の心理を読み取ることができる学問である。 大人も子供も同じで、色には子

カラーセラピー

カラーセラピーは、色彩心理学の心理的な効果を利用し、自分の心を理解することをサポートするものだそうである。 色彩心理学は

色彩心理学誕生の背景

近年では色彩心理学が服装や部屋のデザインなど、様々なものに使われている。 文明が始まった時から、人間は自分たちの行動に対

気になる色による診断

あなたは今、何色が気になりますか? 色彩心理学を使うと、選択した色によって今の心理状態を判断することができる。 赤 全般

類型論と待性論

パーソナリティの研究は、人間を理解するためにいろいろ行われてきたが、分類方法の代表的なものには待性論と類型論がある。 待

ピンクの特性・効果

女性ならピンクが好きという女性も多いのではないか。 ピンクを見るとはしゃぎたくなるような、ウキウキ・ワクワクしそうな幸せ

居心地の良い部屋作り

色の暖色・寒色を利用して、居心地の良い部屋を作りましょう。 例えば寝室は安眠をもたらし、1日の疲れを癒してくれる色がいい

色彩心理学とインテリア

色彩心理学を使うと、その時の気分で部屋の雰囲気を変えることができる。 色彩心理学を上手に使い、居心地の良い部屋作り・イン

色と長生き

色彩心理学の研究者が「画家は一般の人より長生きをする傾向がある。」と気付いた。 歴史上有名な画家の寿命を見てみても、ミロ

色による診断

近年では、お店や部屋のインテリアに色彩心理学を取り入れたり、食品や商品や料理などに取り入れられることも増えてきている。

色の三属性

色彩心理学を学ぶ前に、配色・色の名前・トーンはもちろん、色の三属性の知識も重要である。 色の三属性とは、彩度・色相・明度

カラーピラミッドテスト

色彩心理学と関わりのあるテストはいろいろある。 その中の1つにカラーピラミッドテストというのがある。 カラーピラミッドテ